· 

2DAYS WORKSHOP in YOKOHAMA

そごう美術館主催
ミュシャ展〜東欧刺繍のワークショップ

ミュシャの作品には刺繍をあしらわれたドレスの描写が多く、祖国への強い想いを民族的な刺繍で表現されたといわれます。

ミュシャの意思にふれ
わたしの目指す刺繍への想いが重なり
美術館ということもあって
不思議な感覚が常についてまわりました。

五感が冴えるどころか
むしろ、五感は鎮まり
フラットな状態で
ワークショップを迎えました。

これまでの経験が手足を動かし
これまでの熱量が言葉となり
体の細部まで刺繍が染み渡っている事に気がつきました。

とても良いワークショップが出来たように思います。

またひとつ、階段を登ったような、そんな思いです。

ありがとう、横浜。
ありがとう、みなさん。
ありがとう、ミュシャ。
そごう美術館 ミュシャ展 ~ 東欧刺繍ワークショップ 「lotterico」
そごう美術館 ミュシャ展 ~ 東欧刺繍ワークショップ 「lotterico」