· 

ヤドリギ 〜 mistletoe

森を歩く
澄んだ森に響く鳥の囀り
雪上に続くキツネ の足跡
時折、木の枝から
雪が溶け落ち轟音が響く

足下にひと枝のヤドリギ
空を見上げると 
木の枝にまんまると茂った
いくつものヤドリギ

足下のヤドリギ をつまみあげ
あの子の喜ぶ顔を思い浮かべながら
大切にポケットにしのばせる


『森の贈りもの』より